ベルタ酵素に入っている「プラセンタ」の効果を知りたい

コラーゲンやヒアルロン酸と違いプラセンタという名前には耳なじみがないというひとも多いのではないでしょうか。

 

 

プラセンタは、言ってしまえば「胎盤」です。ちょっとグロテスクに感じるかもしれませんが、出産後の胎盤を食べるという文化は、世界各地で見ることができます。

 

今現在、日本で流通しているプラセンタというのは、その多くが豚のものです。一部に馬のもの、あるいは人間のものもありますが、中心となっているのは豚のものであると考えて良いでしょう。

 

プラセンタは成長因子としてよく知られています。また、医学利用も盛んです。肝臓病の改善、あるいは婦人病の軽減として多く利用されています。プラセンタとは違い、経口摂取しても一定の効果を得ることができるため、そういう意味では、プラセンタの方が強力な成分となっています。

 

美肌成分としても使われるようになり、肌の状態が明らかにかわる、という風に、熱烈なファンも多い成分となります。アンチエイジングの効果に関してはかなり評価がわかれますが、かなり強い威力を持っている、と考えてもよいでしょう。

 

このように効果的なプラセンタですが、「注射」という形で取り入れてしまうと、輸血ができなくなる、というデメリットがあります。これはクロイツフェルト・ヤコブ病の危険性が避けられないためです。

 

(ただし、「それによって本当に悪影響が出た」というよりも「リクスを完全に否定しきることができないから」という「安全策」という意味合いが強いです。加えて、経口での摂取の場合はこのような制約はありません。)

 

また、プラセンタはとても強力なため、特にサプリメントという形で取り入れると、逆に健康被害や肌荒れを訴えるひともいます。

 

しかしながらベルタ酵素は上であげた「リスクを負うような」高濃度のプラセンタを配合しているとは考えにくいため、このような危険性というのは、ないものと考えてよいでしょう。実際、ベルタ酵素のクチコミをみていくと、このようなことを理由とした「悪いクチコミ」は皆無です。

 

▼▼ベルタ酵素 詳細レビューへ▼▼